宿泊プラン検索
新着情報
24時間天然掛け流し温泉

檜がふんわり香る中、目の前に広がる猿ケ京の大自然

陽がさしてきらきら光る湯船に、小鳥のさえずりが届く朝
満天の星空を仰ぎながら、静寂に心癒される夜
やわらかい天然温泉、刻々と移ろう景色をお供に、あなただけの極上の時間をご堪能ください。

sample
内風呂
sample
露天風呂
sample
猿ヶ京天然温泉

源泉名

猿ヶ京温泉 村有第1号泉

泉質

ナトリウム、カルシウム、硫酸塩、塩化物温泉

効能

高血圧、皮膚病、動脈硬化症、リウマチ性疾患、通風、尿酸素質、創傷、筋肉痛、冷え性、肩こりなど

飲用効果

慢性胆のう炎、胆石症、慢性便秘、通風慢性消化器病など
猿ヶ京温泉について

谷川連峰三国連山の雄大な景観に囲まれ、美しい赤谷湖を見下ろすようにある温泉地「猿ヶ京」。止まることなく湧き出る摂氏56度の源泉が、400年の昔から猿ヶ京温泉郷を潤し続けています。そして猿ヶ京に今も語り継がれる多くの逸話。その中から、有名なお話をご紹介します。

猿ヶ京温泉の開湯伝説『てじろざる』

今から400年ほど前、農家の若夫婦がお腹を空かせていた猿を見つけ、家に連れて帰りました。その猿は不思議なことに手首から先が白かったので、「てじ」とよばれ、たいそうかわいがられました。

少しでも恩返しがしたいてじは、若夫婦が留守の間に赤ん坊を湯浴みさせてやろうとしましたが、湯加減というものがわからないので、大やけどを負わせてしまいます。帰って来た若夫婦は赤ん坊を見て驚き、「なんて恩知らずな猿だ」と言いました。その夜、てじはようやく寝静まった赤ん坊を連れて、若夫婦の家を密かに飛び出しました。

二ヶ月も過ぎた頃、山に入った猟師に「猿の群れの中に、赤ん坊を背負った猿がいる」と聞き、急いで向かうと、てじが温泉に赤ん坊を入れて、火傷をすっかり治していたそうです。てじと赤ん坊はまた、若夫婦と一緒に仲良く暮らしたそうです。

上杉謙信が命名

戦国時代の越後国の武将、上杉謙信。永禄3年(1560)、謙信は関東侵攻の折、三国峠を越えて、宮野と言われていたこの地にやって来た時のお話。どこまでも広がる大地に立ち、果てなく広がる空を見、この地を治めたいという強い衝動に駆られました。
その夜、謙信は飲酒し、気持ちよく眠りについたところでなんとも奇妙な夢をみました。

宴の席でごちそうを口に入れたとたん、前歯がいっきに8本も抜け、手の中に落ちてしまうという夢です。戦の直前にいやな夢を見た、と家来の直江山城守に言うと、「片っ端から関八州を手中にするという、縁起の良い夢でございます」とのこと。その日はちょうど唐申の年、申の月、申の日、そしてなんと謙信の生まれ年も申年だったことから、「この地を申ヶ今日と改めるぞ」と、謙信も上機嫌。

この『申ヶ今日』が訛り、文字も変わって『猿ヶ京』と呼ばれるようになったといわれています。

温泉宿前田屋
〒379-1403
群馬県利根郡みなかみ町猿ヶ京温泉291
TEL 0278-66-0173 FAX 0278-66-0175